ひとりごと,犬舎のこと,純子のひとりごと

現在の犬舎の件につきまして。

2020年4月26日

Pocket

DSC_0873 - コピー  DSC_0871 - コピー DSC_0876 - コピー

世界中に猛威をふるっているコロナウィルス。
当犬舎も感染拡大予防として、安全性が確認するまで販売を
遅らせていただいています。

皆さまからの電話、メール等でのお問合せが多く感謝にたえ
ません、ありがとうございます。
最近電話にて「今まで飼っていた犬が死んで寂しくて耐えら
れない、お金を送るのですぐ犬を送ってください」とても悲
痛な声でした。
長年ブリーダーをして馴れていても涙の問答でした。

メール販売が禁止で対面販売になっている現在、とても難しい
事です。
やんわりとお断りしました。
特に小動物は癒しになる事が多いですね。

私事で申し訳ないですが、父が勤務先から帰宅して11日目に悪
性の風邪で急死しました。
その21日後に私が誕生しました。
父は3人の子供を残して40歳の若さでした、さぞ無念だったと思
います。
そのため特に私はコロナウィルスは絶対に拡大させてはならない
気持ちでいっぱいです。
もとの自然にかえるのは難しいかも知れませんが、もとの幸せの
現実にかえる方法は一人一人が自粛する事だと思います。

今後の私は何十冊にもなった日記の整理をしながら、ブログにUP
する予定です。
拙い文ですが見ていただくと幸いです。
勿論今まで活躍したわんちゃん達の写真も登場します。
皆さま頑張ってくださいませ。

写真は生後1ヶ月半のボロニーズの子犬です。
元気あまっておもちゃを壊してしまいましたね!

 

 

Pocket

ページ先頭へ