犬舎のこと,純子のひとりごと

台風に必死に耐えているカエルさん達!!

2018年10月7日

Pocket

DSC_6636 DSC_6641DSC_6643

日本中に次から次へと被害の爪痕を残したダブル台風!!
台風24号、25号で被害に遭われた皆様に心よりお見舞いを申しあげます。

喉の癌で治療中だったアンアンが10/5の夕方に亡くなりました。
10日間は針なしの注射器で栄養剤入りのミルクを日に数回、口に入れ病院
からの薬も数回与えてやりました。
晴れの日は夕方になるとバスタオルに包んで、犬舎の周りを抱いて散歩を
雨降りの夕方は屋根付きのグランドを抱いて散歩を10日間欠かしませんで
した。
13歳になっても抱っこ大好きわんちゃんでした。

当日の昼までは歩いていたのに・・・3時間後には急にことたりてしまいま
した。
生後3ヶ月になってまだ名前が決まっていない子に「何て名前にしようかね?」
と言うと「アンアン」と言ったのです。
「ワンワン」と言えなかったのですね、自分で名前をつけたのはアンアンだけ!
とにかく一生、私を母親だと思う位慕ってくれました。
体はコンパクトで性格も風貌もキュートな犬! 最高な犬!!

台風25号で風が強く、雨が降っている危険な状態でしたが10/6の昼前に萩市
のやすらぎ苑に行きました。
覚悟をしていたものの、私の心は台風の強風にあおられて更に不安でアンアン
の思い出が頭をかけめぐりました。

帰宅して玄関の鍵を開ける時、縁の金具に止まっていた2匹のカエルさん!
私を見てにこやかに「おかえりなさい」と言っているように感じました。
すぐ、夫がカメラで撮影。
また、犬舎の裏にて柵の金具に止まっているカエル、大きな石に止まっている
カエル、皆強風に吹き飛ばされないように必死になってしがみついています。
この一生懸命に耐えてしっかりと止まっているカエルたちの姿は、その時私は
勇気をもらいました。

写真は台風の強風にも負けず、一生懸命耐えているカエルさん達です!!

 

 

 

Pocket

ページ先頭へ