純子のひとりごと

節分の豆まき変?

2024年2月6日

 

2月3日の節分の日。
私の子供時分は家族全員で「鬼は外ー! 福は内~!」と豆まきが賑やかで楽
しかったのですが・・・。

皆、歳の数ほど豆を食べてその後は一人ずつ歳の数の豆を紙に包んでお宮に行
く途中の角の道に捨てて、帰宅しますがその間絶対に後ろを振り返らないとい
うとても怖い思い出があります。

夫も私も80代になった現在、いくら何でも小粒の豆を80個以上食べるのは大変。
先日買った大豆のまわりにマシュマロのような飾りのついたお菓子を8個と豆を
数個お皿にのせてたべました。
8個のお菓子は80歳のつもり。
夫は「旨いの~」と言ってたべていますよ。
夫は部分入れ歯4本、28本揃っている自分はそれでも歳の数は無理ですね。

私の家族の風習と夫の大家族の風習とは違い、豆まきをすると夫がいつも「部
屋が汚れる、犬が食べるぞ」と、文句タラタラ・・・。
夫が見ていないところで急いで豆をまきます。
それで鬼が逃げてくれるかしら・・・。

犬舎にいる6匹のワンちゃん達には「福は内」と言い、豆の形をした犬用のビス
ケットを数個ずつ与え、犬舎の外に向かって「鬼は外」と言って大豆をまきまし
た。
翌日は夫に見つからないように手早く豆の掃除で大変でした。

写真は生後2か月半のMダックスフントと生後1か月弱のボロニーズです。

 

 

 

ページ先頭へ