ひとりごと,純子のひとりごと

T.N先生をしのぶ会と日記帳教育 (フラウジュラケンネルオーナーブログ)

2015年8月10日

Pocket

学校OO

学校ー児童ー家庭結ぶ
日記帳教育で成果

朝日新聞で日記を毎日、長年の間生徒に書かせ、教育の一貫として大き
く成果がある教師が紹介されました。

私が小郡小学校5年、6年の担任のT.N先生の事です。

・ 保護者にはこの日記をかかせたい訳と、父兄との連絡の欄。

・ 児童には日記をかく上の注意事項とタイトル、一日一善、やすんだ時
間、朝おきた時間、すいみん時間、日記以外の大事な事の欄と、絵を
書くスペース有り。

先生は日記帳教育をこつこつと長年にわたり指導し、児童の文章力、漢字
数、あらゆる努力、人に対する思いやりや、自分自身の反省など。

先生はとにかく厳しい人でした。しかし、優しさに余韻の残る先生でした。

6年生だった同級生12名は、山口市の吉祥寺の先生の墓前で手を合わせま
した。

「先生ありがとう。厳しい教えは現在生かされていますよ。先生のおかげ
です」

墓参の後はT.N先生のしのぶ会でおおいにわきました。

写真は私達が作った小郡小の人文字です。

つづく

Pocket

ページ先頭へ