ひとりごと,純子のひとりごと

クリスマスはボロニーズと

2015年12月17日

Pocket

クリスマA

クリスマス発祥の地、山口市はクリスマス市になる、X-MAS CITY
1551年、フランシスコ・サビエルがキリスト教の布教活動を山口の地で、広め
1552年12月24日に宣教師コスト・デ・トルレスによって日本人の信徒と初の
クリスマスが山口の地で祝いが行われたのです。

私の高校は教会の近くに位置していたため、ボランティアで掃除、体育の授業
では教会の付近を5km~10kmを走り、苦しい反面、気持ちの良い汗をかいたも
のです。
現在の山口市は私の大好きな一の坂川、パークロードのイルミネーション、高
台にある教会からは市内を見下ろすライトアップ。
もう凄い!目がうりうりしてきます!

JALの山口クリスマス特便、とても興味深いSLクリスマス号、クリスマス
ヘッドマークのついた列車、市内を走り回っているクリスマスバス、環境の良い
物静かな山口市は今、クリスマス発祥の地らしく見事に華やいでいますよ。
おいでませ山口、おいでませクリスマス市。

クリスマスにはメロディー関係なしの私の歌を、応援してくれる?ボロニーズの
タンゴ君(来月14歳)ブー君(13歳)ミルミルちゃん(13歳)モルちゃん(10歳)
一緒に歌おうね♪♪

写真はボロニーズ、生後2ヶ月のきょうだいです。

Pocket

ページ先頭へ