犬舎のこと,純子のひとりごと

ソヨゴとともに25年間!!(ボロニーズの犬舎)

2017年6月19日

Pocket

DSC_0898 DSC_0896 KAKA

25年前の今日(6/19)萩市の犬舎が一応完成。
夫は山口市の犬舎から12匹の犬を連れて萩市の犬舎に引っ越ししました。

私はボロニーズのキキが子犬4匹を、Mダックスのベニコが子犬3匹を同時
出産したばかりなのでしばらく、山口市の自宅に。

その間、夫は早朝に12匹の犬の世話を終えると萩犬舎ー自宅(朝食)ー会社
ー自宅(昼食)ー会社ー自宅(夕食と風呂)ー萩市の犬舎にて犬達の世話の後
に就寝。
片道50分の萩の犬舎と山口の犬舎の往復はかなり大変です。
しかし、夫の会社が割と近くだったので助かりました。

子犬がしっかりした段階でキキ、ベニコ、7匹の子犬を連れて私は萩市の犬
舎にお引越しを。

信じられない位ハードな仕事で、事故もなく安全で乗り切ったのは若かった
からだと思います。
山口の犬舎で10年近く、萩の犬舎で25年まあまあ良く頑張ったねー!

犬舎の入り口にドカッとたっている木は、義兄から犬舎完成のお祝いに苗木
を植えてもらったもの。
30㎝しかなかった木が25年たった現在は4m位に立派になっています。
大木には合わない白い小さな花が密集して咲き、アンバランスで少し滑稽!
ソヨゴの木に咲いた花の、花ことばは 先見の明 先を見通す意味の言葉で
だとの事。
義兄からは素晴らしい木を植えてもらい、感謝しています。

写真はソヨゴの木と花、子犬はボロニーズのキキ(イタリア犬)から生まれた
4匹の赤ちゃんですよ♪

Pocket

ページ先頭へ