ひとりごと,純子のひとりごと

雑記帳の思い出

2016年11月28日

Pocket

020

一週間にいちど、園子ちゃん(仮名)とピアノにはりついていた小学校2年生だ
った自分。
その他の日はみどりちゃん(仮名)と近所の小学生と暗くなるまで、よく遊んで
いました。
みどりちゃんの門の前には大きな看板があり、おじいさんが書いたという言葉
がひらかなで書かれてあり、その言葉に私は目が点になりました。

なせばなる なさねばならぬなにごとも ならぬはひとの なさぬなりけり
その言葉をだれが一番早くおぼえるか?と、競いあいました。
結果は不明ですが、その当時の事が一冊のノートに雑ながら書かれています。

母から「純はすぐ忘れる癖があるのでこれに書き入れなさい」と、一冊のノート
をもらいました。
気の遠くなるような昔の出来事を覚えているのではなく、書かれている事柄を
繰り返し見るうちに頭の中にインプリントされ、反芻する事によって最近の事
のように思い出されているのかも知れません。

なせばなる・・・の意味は当時何もわからず、リズム的な言葉に魅力を感じた
と思います。
しかし、何事も一生懸命に頑張れば何でもできますよとの意味。
上杉鷹山の素晴らしい言葉とは知らずに大好きになったこの言葉、弱気になっ
た時におおきな声でなせばなる・・・と、ときどき口にします。
なんとなく勇気が湧いてきます。
小学校2年生の時、友達と競いあって覚えた自分を少しばかり誇りに思います。

写真のSLは数年前に撮ったもの。
子供時分、山口線の周防下郷駅の近所に住んでいました。
当時、SLが頻繁に走り凄みがありました!

 

 

Pocket

ページ先頭へ