ひとりごと,純子のひとりごと

転がったのおぼえてる?

2016年8月11日

Pocket

モクレンA

晴天にもかかわらず、頭上真上でバリバリと突然の凄い雷の襲来のため慌てて転
倒して6日がたちました。
体中の痛みも殆ど消えたのは良いのですが、洗濯干しの際また?と、トラウマにな
ってしまいました。
そして、そそっかしい若い頃の自分を思い出しました。

(私) Sちゃん、Eブティックで3階の階段から2階まで一緒に転げ落ちたの覚えて
る?
(次女) 何歳の時?
(私)  1歳半ごろ
(次女)いくら何でも赤ちゃんで覚えてないよ。

(私) じゃあ、道場門前のMブティックの2階から1階まで転げ落ちた時、1階のお
客さんが多くて恥ずかしかったねー、覚えてる?
(次女)また~!わたし何歳だった?
(私)   もうすぐ4歳かな?
(次女) なんとなく痛かったのを少し覚えている感じ・・・しかし、よく親子で転ん
だものね。

片手で荷物、もう片手は次女の手をしっかり握っているため、パンプスのヒールが
滑ったために娘も一緒にころころと・・・。
そそっかしい母親のため、娘には可哀そうな事をしました。
しかし、パンプスが原因ではなく、私の体形のためだったかな~♪
私が20歳代後半の事です。

写真は事務所付近で撮ったもので、毎年2度咲きの木蓮の花です。

Pocket

ページ先頭へ