犬舎のこと,純子のひとりごと

ボロニーズの赤ちゃん実験の結果は?(フラウジュラケンネルブログ)

2015年6月9日

Pocket

SONY DSC

生後45日の姫子ちゃん(仮名)はお食事後に散歩をはじめました。
・・・と、言っても抱いて犬舎の回りを5分間だけ。
はじめての日は、かたまり私の腕にしがみつき、3日経つと私の大
好きな五色かずらの臭いを一緒に嗅ぎ、田舎の景色を眺めて余裕が
でてきました。
一週間目には五色かずらに食いつく仕草がみられ、私が口ずさむま
いごの子猫ちゃんにうっとり?と聞き、離れにくくなった1人と1匹。
もう明日、姫子ちゃんはこの田舎から離れて大都会に行きます。

実験をしました。
ブルーのタオルは私の手の臭いをつけ、オレンジのタオルは母親の体
臭をつけて、姫子ちゃんに判断させました。
だんぜんオレンジ!ブルーはちらっと見ただけ。
母親のルンバが「当然よ、お腹を痛めた子だもの」と、言っているよう
に感じました。
恐れ入りました。

姫子ちゃんは正直者!とても愛くるしいボロニーズの赤ちゃんです♪

Pocket

ページ先頭へ